異音検知事例|養豚現場での豚咳音検知

養豚現場における咳や発情状況などを音から検知することで、
非属人的かつ省力化をしながら現場の状況把握を行いたい。

背景

現状では、熟練した職人や獣医の耳で豚の咳くしゃみから呼吸器系疾患の兆候を検知したり、発情状況を確認しているが、経験が必要で後任が育つまで時間がかかるため、省力化と安定的な状況把握の両方を図りたい。

異音検知事例|パイプラインのつまり予兆検知

合成ゴムプラントにおけるパイプのつまりを
定期点検を待たずに未然に検知したい
平成30年に経済産業省の補助事業
「産業データ共有促進事業」にて実施

背景

現状では、熟練した職人の耳による異常音検知や、定期メンテナンスによる目視確認でパイプラインのつまり検知を行っている。これには多大な費用と労力がかかるため、目視以外での詰まりを予兆検知したい。

異音検知事例|音の警備

生活空間における異常を音から検知することで、
センシティブな場所も警備、防災に役立てたい。

背景

現状では、防犯カメラによる目視確認を行っているが、死角や暗闇、風呂・トイレ等の異常監視には課題が残っている。そのため、音からも異常を検知し、安全な社会実現に寄与したい。

異音検知事例|音による広告効果測定

デジタルサイネージの前を通る人数や歩行速度を足音から検知する
ことで、街頭広告の効果測定に役立てたい。

背景

現状では交通量調査や広告の効果測定は画像や目視で行っているが、これの代替となるような人数カウントサービスを音によって実現したい。一定の交通量(20人程度)における人数把握し、マイクロロケーションの新たなアプローチを検討したい。

ご不明な点は気軽にお問い合わせください。
専門スタッフがさらに詳しく機能についてご説明します。