異音検知の活用シーン

人が聞いてわかることは、ほとんどすべてのケースでAI異音検知に活用することが可能です。当社で取り組んでいる一例を紹介いたします。

適用できる活用シーン

異音検知の活用シーンは数多くありますが、現在当社では次のような事例で取り組みを進めております。

  • 機械の状態モニタリング
  • 製品の出荷判定検査
  • 道路、壁などの異常検出
  • 音による防犯
  • 肺音、心臓音での状態可視化
  • 家畜の咳くしゃみの検出

お問い合わせは こちら から

主な目的

異音検知の活用シーンは数多くありますが、大きく分けると次の2つの目的に分けることができます。

予兆検知(モニタリング)が目的

対象物自体が劣化や故障をする前提があり、それの確認や交換、対応時期の見極めに役立てたいという利用シーンで有効

  • 機械室の常時監視
  • プラントの交換予兆
  • 設備の予兆保全
①機械・設備の故障予防・機械の重大故障を未然に防ぎたい

・ヒトによる定期巡回点検を待たずに未然に検知したい

・インフラの予防保全をしたい
・製造業全般(自社設備)
  - 空調機械  - コンプレッサー
  - マテハン機器  - 製造装置
  - 旋盤加工  - ドリル折損
  - プラント設備/配管

・鉄道/航空会社
  - 電車車輛 - バス車体
  - 航空機体 - 線路
②安定的な 監視・設備の安定的な稼働状況をモニタリングしたい

・安定的に現場の状況把握をしたい

・対象物の状態をモニタリングしたい

・24時間365日ずっと、異常が発生したときに駆け付けたい
・ビルメンテナンス
  - 空調機械 - キュービクル

・インフラ設備
  - プラント配管 - パイプライン
  - 上下水配管

・ヘルスケア
  - ヒト心臓 - 肺 - 腸
  - イヌ心臓
  - ブタ咳、くしゃみ

・介護
  - 転倒音 - 奇声 - 暴行

・防犯
  - 喧嘩 - 怒号 - 足音
  - ガラス破砕音 - 暴行

良否判定、点検が目的

対象物自体の劣化や故障を見逃してはならない前提があり、品質の求められる製品検査や、設備の点検に役立てたいという利用シーンで有効

  • 製品の良否判定
  • インフラの打音点検
  • 設備の定期点検
③非属人的な 品質検査・熟練者かどうかにかかわらず、
 安定的な検査結果を保ちたい
・一定の製品出荷検査の品質を保ちたい
・製造業全般(出荷検査)
  - 精密機器の可動部
  - 完成車、自動車部品
  - 小型モーター(DCモーター、ACモーター)
④検査工程の 省力化・製品検査工程の一部をAIに置き換えたい
・巡回点検業務をAIに置き換えたい
・製造業全般(出荷検査)
・ビルメンテナンス(巡回点検)
・インフラ打音点検(コンクリート壁、橋梁、道路)
・設備保全(車輛、機体、線路)


詳しくは次の記事に細かく記載いたしました。

お問い合わせは こちら から