DX・AI化検討

何から手を付けていいかわからない

AIを導入しろとは言われるけれど、自社でどこから手を付けていいかわからない。
本記事では、AI化に必要なデータ集めなどの概要についてまとめています。

最新記事

FAST-Dについて - FAST-D(Flexible Anomaly Sound Training and Detection)とは、「AI異音検知」の 学習モデルの作成や、再学習、管理を行うことが出来るクラウドサービス です。
異音検知の活用シーン - 人が聞いてわかることは、ほとんどすべてのケースでAI異音検知に活用することが可能です。当社で取り組んでいる一例を紹介いたします。
異音検知とは? - 異音検知(anomaly sound detection)とは、機械やモノ、生物が正常稼働している場合の音と、異常な状態になっている場合の発する音を機械学習させることで、安定的なモニタリング、異常発見、予兆検知などに役立てる技術です。

お問い合わせは こちら から

POCの進め方マニュアル

よく言われるIoTってなんだろう

異常データが無くてもできるの?(AIモデルの作り方)

システムや機材はどのような構成がいいのか

予知保全と予防保全について解説します

お問い合わせは こちら から