FAST-Dについて

FAST-Dの概要

FAST-Dの概要

FAST-D(Flexible Anomaly Sound Training and Detection)とは、「AI異音検知」の 学習モデルの作成や、再学習、管理を行うことが出来るクラウドサービス です。AIリサーチャーの専門の知見が無くとも、ノーコードで異音検知AIを作成できることが特徴です。 

機械停止や警報発報などの複雑な処理を行いたい場合は、API連携を行うことで、貴社業務アプリケーション上に異常検知機能を搭載することも可能となります。

何ができるの?

通常は、学習モデルの作成やメンテナンスはAIリサーチャーによって行われますが、FAST-D を用いることで自動的に実施することが可能となります。 必ずしも実証実験を行う必要は無く、当社の知見を基にした機械学習用アルゴリズムを用いることで、より短期間で異音検知を現場に導入することも可能です。

お問い合わせは こちら から

システム構成例

システム構成についてはお問合せください。

お問い合わせは こちら から

システム機能のAPI提供について

クラウドの分析機能をAPIで提供いたします。貴社でお持ちの解析プラットフォームや社内システムにFAST-Dの異音検知機能を搭載することも可能です。

お問い合わせは こちら から