三菱ケミカルホールディングス及び宮崎大学との共同研究について

-AIによる異音検知技術により「豚の音声検知システム」の開発を目指す-

音声特化のAIベンチャーHmcomm株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:三本幸司 http://hmcom.co.jp/ 、以下 Hmcomm)は、株式会社三菱ケミカルホールディングス(本社:東京都千代田区、社長:越智 仁、以下「MCHC」)及び、宮崎大学(所在地:宮崎県宮崎市、学長:池ノ上 克)と豚の音声を収集し健康状態や母豚の発情兆候や哺乳回数を検知するシステムの開発を目指して共同研究を開始することと致しましたのでお知らせ致します。

近年、畜産業において、家畜の罹患・殺処分や出荷の遅れによる損失は増加の一途を辿り、畜産物の安定供給に大きな影響を及ぼしています。豚は、呼吸器系の病気を患うと増体が遅れ出荷が遅れるので、それを避けるために疾病の早期検知することが望まれます。熟練者は、豚の罹患の兆候を咳やくしゃみ音から聞き分けることができます。また、従来母豚の発情兆候を判別する際や哺乳回数を測定する際には、作業員が様子を注意深く観察することで実施しておりました。
今回の取り組みは、豚の鳴き声をマイクで収集し、AIにより熟練者と同等以上のレベルで「豚の呼吸器系疾病の兆しの早期検知」、「発情兆候の検知」並びに「哺乳回数の測定」を行うというものです。

この度開始する共同研究では、宮崎大学住吉フィールド及び南さつま農業協同組合加世田農場で飼育する母豚や肥育豚の音声を収集し、当社のディープラーニングによる異音検知プラットフォーム「FAST-D」(Flexible Anomaly Sound Training and Detection)を活用し、AIに学習させることで、上述した熟練者のノウハウのAIによる平準化を推進します。またこの音声検知システムを構築することにより、より少人数での効率的な畜産業務の実施が可能になり、社会課題になっている少子高齢化による労働人口不足の解決を目指します。

Hmcommは、今後も音から価値を見出し、社会を変革し社会に貢献してまいります。

【株式会社三菱ケミカルホールディングスについて】
●会社名 :株式会社三菱ケミカルホールディングス
●URL  : https://www.mitsubishichem-hd.co.jp/
●設立日 : 2017年4月1日
●所在地 : 東京都千代田区丸の内1-1-1 パレスビル
●事業領域:機能商品、素材、ヘルスケア

【国立大学法人宮崎大学について】
●学校名 : 国立大学法人宮崎大学
●URL  : https://www.miyazaki-u.ac.jp/
●創立  : 1949年
●所在地 :宮崎県宮崎市学園木花台西1-1

【Hmcomm株式会社について】
●会社名 : Hmcomm株式会社
●URL  : http://hmcom.co.jp/
●設立日 : 2012年7月24日
●所在地 : 本社     東京都港区芝大門2-11-1 富士ビル2階
       熊本AIラボ 熊本県熊本市中央区水道町7-16 富士水道町ビル2階
●事業内容: 産総研発のベンチャー企業として、産総研独自の音声処理技術を基盤とした要素技
術の研究/開発、 ソリューション/サービスの提供を行っております。
音声処理プラットフォーム「The Voice」と異音検知プラットフォーム「FAST-D」を基盤とし、「 音から価値を創出し、革新的サービスを提供することにより社会に貢献する 」を理念としています。
●関連取得特許
特許4604178「音声認識装置及び方法ならびにプログラム」
特許4997601「音声データ検索用WEBサイトシステム」
特許5366169「音声認識システム及び音声認識システム用プログラム」

【国立研究開発法人産業技術総合研究所(産総研)について】
日本最大級の公的研究機関として日本の産業や社会に役立つ技術の創出とその実用化や、革新的な技術シーズを事業化するための「橋渡し」機能に注力する研究所。全国10か所の研究拠点で約2,000名の研究者がイノベーションを巡る環境の変化やそれらを踏まえて策定された国家戦略等に基づき、イノベーション・ナショナルシステムの中核的、先駆的な立場で研究開発を行っています。