FAST-Dについて

FAST-D(Flexible Anomaly Sound Training and Detection)とは、「AI異音検知」の 学習モデルの作成や、再学習、管理を行うことが出来るクラウドサービス です。

異音検知の活用シーン

人が聞いてわかることは、ほとんどすべてのケースでAI異音検知に活用することが可能です。当社で取り組んでいる一例を紹介いたします。

異音検知とは?

異音検知(anomaly sound detection)とは、機械やモノ、生物が正常稼働している場合の音と、異常な状態になっている場合の発する音を機械学習させることで、安定的なモニタリング、異常発見、予兆検知などに役立てる技術です。

自社にAIを導入するためには?

AIを用いて異音検知や異常検知を行う目的によって、AI自体の作り方や求める精度は大きく変わります。本記事では、そのような疑問を解決できるよう、精度の決定方法について解説をします。ビジネスに導入するためには以下のような手順を検討する必要があります。

AIはどうやって異常を検知するのか?

AIを用いて異音検知や異常検知を行う場合に、何をやっているのか検討が付かない方も多くいらっしゃると思います。本記事では、そのような疑問を解決できるよう、AIの作り方概要について解説をします。 AIとは AIとはいわゆる人 …